「Nature Remo」のセンサーを使って「Nature Remo mini」を動かしてみよう

梅雨に入り雨の日も多いですが、いかがお過ごしでしょうか。

日本気象協会によると、関東甲信の平年の梅雨明けは7/21のようなので、まだ2週間ほどは梅雨の期間が続くかもしれませんね。

今回は、Nature RemoとNature Remo miniの組み合わせで、できることをご紹介します。

すでにNature Remo 3をご予約いただいた方も、現在お持ちのNature RemoやNature Remo miniと併用して上手に活用してみてくださいね。

Nature Remoを複数台持っていると何ができる?

Nature Remoを複数台持っていると、できることは以下の3点です。

  1. 複数の部屋の家電が操作できる。
  2. 複数の部屋のセンサー情報がアプリから確認できる。
  3. Nature Remoの湿度・照度・人感センサーを使って、Nature Remo miniが操作できる。

今回は、この時期に使えるNature RemoとNature Remo miniを組み合わせたオートメーションをご紹介します。

ただし、この操作はあくまでもNature Remoが設置されている部屋のセンサーを基準として、他の部屋にあるNature Remo miniを操作する方法です。

例えば、リビングにNature Remo、寝室にNature Remo miniを設置している場合、リビングのNature Remoの湿度をトリガーとして、寝室のエアコンをNature Remo mini経由で操作します。

正確に部屋ごとの「湿度・照度・人感」を使って家電を操作する方法ではないので、ご注意ください。

それでは、3台をそれぞれ以下の部屋に設置していると仮定してご紹介します。

・リビング :Nature Remo

・寝室   :Nature Remo mini

・子ども部屋:Nature Remo mini

mail-200710.png

1. 湿度センサーですべての部屋のエアコンを除湿にする

Screenshot (10).png

この梅雨の時期にぴったりのオートメーションです。

リビングの湿度を基準に、すべての部屋のエアコンを除湿運転にしてみましょう。

以下のオートメーションを設定すると、「リビングの湿度が60%以上になったときに、リビング・寝室・子ども部屋のエアコンを除湿27度にする」という操作ができます。

2. 照度センサーでリビングと子ども部屋の照明をつける

Screenshot (12).png

お子さんがいる方にぴったりのオートメーションです。

お子さんが部屋にこもって電気もつけずゲームや勉強に熱中していると、目が悪くなってしまうのではないか?と心配する親御さんも多いのではないでしょうか。

そこで、リビングの明るさを参考に、リビングと子ども部屋の照明をつけてみましょう。

以下のオートメーションを設定すると、「リビングが薄暗くなったときに、リビング・子ども部屋の照明をつける」という操作ができます。

3. 人感センサーですべての部屋の照明を消す

Screenshot (11).png

リビングの人感センサーをもとにすべての部屋の家電を消してみましょう。

例えば以下のオートメーションを作成すると、「リビングに人がいなくなった時に、リビング・寝室・子ども部屋の照明を消す」という操作ができます。

部屋の電気を消し忘れて出かけてしまっても、必ず消すことが出来ますね。

消費電力が多くなるこれからの夏の時期に、使ってみてはいかがでしょうか。

Nature Remo miniしか持っていないという方は、この機会にNature Remo 3を手に入れて、複数のお部屋で利用してみてはいかがでしょうか?

Nature Remo 3は先行特別価格で予約受付中です!