Mission

ミッション

自然との共生をテクノロジーでドライブする


創業ストーリー

“2011年3月、小型のセスナ機で東南アジアの僻地にある石炭鉱山を訪問した。

当時、上空からみた景色を今でも鮮明に覚えている。

ひっそりとした村の横に、地面を抉り取ったような石炭鉱山が広がり、炭鉱夫が想像を超えるような大きさの掘削機や輸送機械と格闘していた。

その光景に大きな違和感を感じた。ホテルに戻ると、流れていたのは福島原発のニュースだった。

その時、巨大な原子力発電や石炭火力発電ではなく、分散化したクリーンな電力の普及を後押しできるビジネスを立ち上げたいと思った。”

(創業者&代表取締役CEO / 塩出晴海)

-note-
社名に込めた想い「どうしてNatureなのか」
プロダクトの原点「なんでNature Remoを作ったか」
「Natureスマート電気」を始めました

あなたと始める電力革命

産業革命以降、過剰生産・過剰消費が当たり前になった現代。私たちはこれまで、限られた地球資源、石炭火力発電、原子力発電で電力をまかなってきました。

しかし様々なところで歪みが起きはじめ、災害や環境破壊による被害は多くの人が身近に感じていることです。

エネルギーを自給自足できる未来へ

Natureの目標は、テクノロジーの力を借りて電気の使い方を最適化し、世界をよりクリーンで分散型の電源にシフトさせること。

マイクログリッドで各家庭をつなぎ、電気を共有できるようにすることで、よりクリーンで持続可能なエネルギーの未来を実現します。

クリーンな電力をシェア

各家庭をつなぐためには、家電をインターネットに接続し、家庭の電力消費量をマネジメント・コントロールできる環境が必要です。

そのために必要なのがNature Remoシリーズ。Natureのプロダクトは単なるIoTデバイスではなく、将来的にはエネルギーの未来を変えるためのシステムの一部となるよう設計されています。