Google Homeのルーティン機能を活用する

Google Homeアプリに追加されたルーティン機能を用いると、Google Homeへの指示や毎日決まった時間などに、スマートホームに追加している家電やGoogle Homeの機能を複数動作させることが出来ます。

事前に「Conversation Actions」「Direct Actions」「IFTTT」の連携で、Google HomeからRemoの操作が出来る用意をお願いします。

ルーティンの設定を行うには、Google Homeアプリ右下にあるマイページのタブを選択します。

1−1.PNG

「その他の設定」をタップします。

IMG_0491 3.PNG

「アシスタント」設定の中から「ルーティン」をタップします。

IMG_0492.PNG

ルーティン画面には初期から設定されている「デフォルト」と、追加で作成した「カスタム」が表示されています。

(ルーティン機能以前にあったショートカット機能でショートカットを作成されていた方は、「カスタム」に設定済みのショートカットが表示されています)

1. 「ねぇグーグル、おはよう」で複数の家電をオンにする

まず、ここではデフォルトにある「おはよう」をカスタマイズし、「ねぇグーグル、おはよう」「ねぇグーグル、起きたよ」など複数のフレーズで、テレビと照明とエアコンを付け、Google Homeが天気予報を知らせ、テレビを1チャンネルに変更する設定への変更を紹介します。

a) おはようをカスタマイズするために「おはよう」をタップします。

Screenshot_20180926-161126.png

b) タップすると編集画面になるので、「次のように言ったとき…」の「おはよう」をタップします。

Screenshot_20180927-144219.png

c) 右下の「+」から、「おはよう」以外で動作するフレーズを追加できます。

「おはよう」以外のコマンドを追加したら、左上の「←」をタップします。

Screenshot_20180926-161918.png

d) 「アシスタントによる操作…」に家電やGoogle Homeの機能の動作可否の設定があり、画面左のチェックマークをつけると動作する状態に、画面右の歯車マークをタップすると動作内容の変更ができます。

今回はテレビと照明とエアコンをつけるために、まず「照明やコンセントの操作」の歯車マークをタップします。

Screenshot_20180926-161949.png

e) ここにはスマートホームに追加されているエアコン以外の家電が表示されます。それぞれの家電をタップすると「ONにする」「OFFにする」「変更しない(操作しない設定)」の変更が可能です。

テレビと照明をONにしたら左上の「←」をタップします。

Screenshot_20180926-162048.png

f) 「室内温度の調整」の歯車マークをタップすると、「サーモスタットの設定画面」になり、ここにはプリセット情報で追加したエアコンが表示されています。

ペンのマークをタップすると、動作するエアコンの設定温度を変更できます。

(運転モードは最後にRemoから操作した冷房または暖房になります。最後に操作した運転モードが冷房と暖房以外だった場合はスマートホームから操作できないため「原因不明のエラーがおきました」となり操作されません。

冷房暖房以外の運転モードや、毎回必ず同じ運転モードでエアコンを付けたい場合は後述のh)をご参考下さい)

設定が完了したら左上の「←」をタップします。

Screenshot_20180926-162107.png

g) 基本の項目に動作させたいものがない場合は、「操作を追加」から追加出来ます。

「操作を追加」をタップします。

Screenshot_20180926-162259.png

h) 「実行するカスタムコマンドの指定」では自由にフレーズを追加でき、「ねぇグーグル、◯◯(入力したフレーズ)」と実際に呼びかけた内容と同じ動作を行わせることが出来ます。

ここではチャンネルを変えるためにConversation Actionsを使った「ネイチャーリモを使って1チャンネルにして」を追加します。

(エアコンを冷房暖房以外のモードで動作させたい場合や、前回と違う運転モードで動作させたい場合は、カスタムコマンドでConversation Actionsを使った「ネイチャーリモを使ってエアコンを◯◯(運転モードと温度を指定)にして」も別途追加して下さい)

入力したら左上の「←」をタップします。

Screenshot_20180927-144123.png

i) 動作させたい操作が追加出来たら、「お天気情報」にもチェックを入れ、Google Homeが動作させる順番を変更するために「順序を変更」をタップします。

Screenshot_20180926-162343.png

j) 「順序を変更」をタップすると右に「=」が表示されるので、「=」をタップしたまま上下に移動させると並び替えが出来ます。

並び替えが完了したら左上の「←」をタップします。

Screenshot_20180926-162349.png

k) お好みの設定に変更したら右上のチェックマークをタップします。(iOSの場合は「保存」)

Screenshot_20180927-153504.png

これで「ねぇグーグル、おはよう」「ねぇグーグル、起きたよ」と呼びかけることでテレビ、照明、エアコンが動作し、Google Homeが天気を教えてくれたあとにテレビを1チャンネルに変更すると言う一連の動作を行ってくれます。

2. 毎日決まった時間にルーティンを作動させたい

決まった時間で動作させたいルーティンや、新規にルーティンを作成したい場合は、右下の「+」をタップします。

a) ここでは平日の毎朝6時にテレビをつけるルーティンを作成します。

Screenshot_20180926-161801.png

b) 新しいルーティンの作成画面になったら、「コマンドの追加」から動作させるフレーズを設定します。

今回は決まった時間と曜日で動作させたいので「時間と曜日の設定」も入力します。

Screenshot_20180926-162407.png
Screenshot_20180926-162502.png

c) 時間と曜日を設定する場合は「開始するスピーカーの選択」も設定する必要があります。

ルーティンの動作時に発声するGoogle Homeになります。

Screenshot_20180926-162526.png

d) 「コマンドの追加」「時間と曜日の設定」の次に、動作させたい挙動を追加します。

今回はテレビをつけたいので「Googleアシスタントのコマンドの入力」から「ネイチャーリモを使ってテレビをつけて」を入力するか(Conversation Actionsの連携が必要)、「よく利用する操作を選択」の「照明やコンセントの操作」からテレビをオンにする設定にします(Direct Actionsの連携が必要)。

Screenshot_20180927-163738.png
Screenshot_20180927-163754.png

e) 動作させたい日時と操作(今回はテレビをつける操作)を追加したら、右上のチェックマークをタップします。

Screenshot_20180927-165609.png

これで平日朝6時にテレビをつけるルーティンの設定が完了しました。

Remoのルールと違い、こちらはGoogle Homeと連携した他のデバイスや、Google Homeから音声や音楽を同時に作動させることが出来るので、お試し下さい!

Ryota Kajimoto