Google Homeと直接連携して家電を操作する(Direct Actions編)

このチュートリアルでは、Google Home(グーグルホーム)でNature Remoと直接連携し(Direct Actionsでの連携)、家電を操作するための手順を紹介します。

Google HomeでNature RemoのDirect Actionsを有効にすると、「ねぇグーグル、エアコンをつけて」「ねぇグーグル、テレビをつけて」などで家電を操作できるようになります! Google HomeでNature Remoにリンクすると、Google HomeからNature Remoで台数制限なく家電を操作することができます。具体的には、エアコンの電源操作、運転モードの変更(暖房冷房のみ)、設定温度の変更と、それ以外の家電の電源操作が可能です。

Google Homeと直接連携する前にGoogle Homeのセットアップと、Nature Remoのセットアップかつ家電の登録をお済ませ下さい。テレビについては、電源ボタンを設定してください(名称は、自由に登録していただいて構いません。追加で登録されているものがあっても問題ありません)。

IMG_5072.PNG

その他の家電については、ONとOFFのアイコンを使って家電を登録してください(エアコンを自動認識モードで登録されている方はその状態でお使いになれます。エアコンを手動で登録している場合はオンオフのみの操作になります)。

IMG_5F6C07A2EAA8-1.jpeg


 

※こちらはiOSでの手順となります。Androidの場合はログインの手順が異なる場合があります。

1. Google Homeアプリ左上の「≡」をタップします。

IMG_0007.PNG


2. 左側のタブから「スマートホーム」を選択します。

IMG_0008.PNG


3. 右下の「+」をタップします。

IMG_0009.PNG

 

4. デバイスの追加から、「Nature Remo Smart Home」をタップします。アルファベット順に並んでいます。

IMG_0010.PNG


<GoogleアカウントでNature Remoに登録している場合>

5. 「"GoogleアカウントのEmailアドレス"でログイン」をタップします。

IMG_0012.PNG

 

ステップ10へ飛ぶ


<Googleアカウント以外でNature Remoに登録している場合>

6. 画面が切り替わったら素早く右下のSafariマークをタップします。

IMG_0011.PNG


 
7. Safariが開いたらGoogleアカウントでログインします。

IMG_0021.PNG

 

8. ログイン後、Remoで使っているメールアドレスを入力し送信します。

IMG_0023.PNG

 

9. hello@nature.globalから届いたログインメールのURLをコピーし、Safariで開きます。

 

10. 「Google AssistantがRemoへのアクセスをリクエストしています。」と出たら許可するをタップします。

IMG_0013.PNG


11. リンクの完了後、部屋の割り当て画面になるので、複数のRemoをご利用の場合は家電を各部屋に割り当てます。

IMG_0015.PNG


12. 完了したら「OK」ボタンをタップします。

IMG_0016.PNG


13. これでDirect ActionとRemoの連携が完了しました。


さあ、「ねぇグーグル、エアコンをつけて」でエアコンをつけてみましょう!

操作方法は「"家電の名前"をつけて、消して」「"部屋の名前"の”家電の名前”をつけて、消して」でそれぞれの家電が操作可能です。エアコンの場合は上記に加え「エアコンを暖房(冷房)にして」「エアコンを◯度にして」も操作出来ます。


また、Remoのアプリで既に「リビングのエアコン」など、部屋名を既に付けている場合はGoogle Home上で名前の変更が可能です。(変更した名前はRemoのアプリに反映されません)

IMG_0017.PNG
IMG_0030.PNG