IFTTTの初期設定

このチュートリアルでは、IFTTTの初期設定について説明します。

(以下手順はiPhoneを前提としてます)

IFTTTとは

IFTTT(イフト)とは「Applet」と呼ばれる数あるWebサービス同士を連携することができるサービスです。Appletとは、「if this then that」というシンプルなコンセプトに基づくTrigger(きっかけ)とAction(行動)のコンビネーションのことを指します。Appletの「this」の部分は「家の近所のエリアに入った時」といったTriggerになり、「that」の部分は「エアコンをつける」Actionになります。

IFTTTアプリをインストールする・アカウントを作成する

1. Apple Storeから、IFTTTアプリをダウンロードし、インストールして下さい。
(Androidの場合はGoogle Playからダウンロードして下さい)

2. アプリをインストール後、起動し、アカウントを作成して下さい。
(Google/Facebookでログイン、或いはE-mailアドレス/パスワードを設定)

Nature RemoをIFTTTに接続する

3. ログイン後、IFTTTアプリのSearch画面で、'Nature Remo'と検索して下さい。

4. 検索結果にNature Remoが出るので、アイコンをタップし、'Connect'を押して下さい。

<GoogleアカウントでNature Remoに登録している場合>

5. "Sign in with Google"をタップします。

IMG_5251.PNG

6. メールアドレスまたは電話番号を入力します。

IMG_5252.PNG

パスワードを入力します。

IMG_5253.PNG

"GoogleアカウントのEmailアドレス"でログインをタップします。

IMG_5254.PNG

7'Authorize'ボタンを押します。

ダウンロード (8).png

ステップ10へ飛ぶ

<Googleアカウント以外でNature Remoに登録している場合>

8. メールアドレスを入力します。

9. hello@nature.globalからメール到着後、リンクをクリックし、'Authorize'ボタンを押します。

※この工程がうまく行かない場合は、IFTTTとNature Remoのログインが同じブラウザ上でお試しください。ログインメールの中にリンクのURLが記載されています。

10. ボタンを押した後、以下の画面が出れば、IFTTTとRemoが連携されました。Appletを作成し、IFTTT連携をお楽しみ下さい!

Haruumi Shiode