IFTTTのウィジェットを使ってRemoを操作する

ここでは、IFTTTアプリのウィジェットからRemoを操作できるアプレットの作成方法と、スマートフォンにウィジェットを表示させる方法を案内します。

事前に、IFTTTの初期設定をお済ませ下さい。

 

ここでは、ウィジェットから冷房を26度で運転させる方法をご案内します。

まず、ボタンを押すと冷房を26度で運転させるアプレットを作成します。

1. 「My Applets」の右上の「+」をタップする。

IMG_0309.PNG

2. 「this」をタップする。

IMG_0310.PNG

3. 検索窓に「Button」と入力し、検索された「Button widget」をタップする。

IMG_0311.PNG

4. 「Button press」をタップする。

IMG_0312.PNG

5. 「that」をタップし、検索窓から「Nature Remo」を検索します。

IMG_0313.PNG
IMG_0337.PNG

6. 「Turn on air conditioner」をタップする。

IMG_0314.PNG

7. エアコンの設定と風量を選択し、「Create action」をタップします。

IMG_0315.PNG
IMG_0316.PNG

8. お好みに応じて「Edit title」からタイトルを変更し、「Finish」をタップします。

IMG_0318.PNG
IMG_0319.PNG

9. アプレットが作成出来たら左下にある「Go」をタップします。

IMG_0321.PNG

10. IFTTTのウィジェット編集画面に移動するので、右上の鉛筆マークから並び替えが出来ます。

並び替えが終わりましたら左上の「×」をタップします。

IMG_0322.PNG
IMG_0323.PNG

これでIFTTTでのアプレット作成は完了です。

お好みに応じて、ウィジェットで使いたいアプレットを作成して下さい。

 

次に、ウィジェットをスマートフォンに表示させます。

iOSをお使いの場合は11.へ、Androidをお使いの場合は15.へ移動して下さい。

11. IFTTTのウィジェットを追加するため、ロック画面を左から右へスワイプします。

IMG_0332.PNG

12. 「編集」をタップします。

IMG_0326.PNG

13. IFTTTの「+」をタップし、完了をタップします。

IMG_0334.PNG
IMG_0335.PNG

14. ウィジェットが表示されましたら設定完了です。作成したボタンをタップして、家電が操作できるかをご確認下さい。

IMG_0330.PNG
IMG_0331.PNG

 

Androidの場合(Androidのバージョンやメーカーによって表示や設定方法が異なる場合があります)

15. ホーム画面の余白をタップし続けると、ホーム画面の編集画面になるので、「ウィジェット」をタップします。

Screenshot_20180706-180113.png

16. ウィジェット一覧からIFTTTのウィジェットを探します。

Screenshot_20180706-180128.png

17. IFTTTのウィジェットをお好みで配置します。

Screenshot_20180706-180314.png

18. ホームボタンを押すと設定完了です。作成されたボタンをタップして、家電が操作できるかをご確認下さい。

Ryota Kajimoto