Google HomeからIFTTTを使って日本語で家電を操作

このチュートリアルでは、Nature Remoを使ってGoogle Homeから日本語で家電を操作する方法を解説します。ここでは、"テレビをつけて"というキーワードでGoogle Homeからテレビをつける方法を解説します(照明やエアコンについても同様の手順で設定可能)。

IFTTTを初めてお使いの方は、まずはIFTTTの初期設定をお済ませください。

http://nature.global/jp/ifttt-setup/preparation

新しいAppletを作成する

1. IFTTTアプリ内で、My Appletsの画面に行き、右上の「+」を押します。

IMG_0783.PNG

"Google Assistant"をTrigger(きっかけ)として登録する

2. "this"を押します。

IMG_0784.PNG

3. Search servicesで"Google Assistant"と入力の上、Google Assistantを選択します。

IMG_0787.PNG

4. "Say a simple phrase"を選択します。

IMG_0788.PNG

<5~7は初めてGoogle AssistantをIFTTTに連携する時のみ>

5. Connectを押します。

IMG_0803.PNG

6. Google Assistantの登録に使ったアカウントを選択します。

IMG_0804.PNG

7.”許可”を押します。

IMG_0805.PNG

8. Google Assistantとの対話の方法を決めます。以下の通り、入力します。

What do you want to say?(何をキーワードとして使いたいか):テレビをつけて※1

What do you want the Assistant to say in response?(それに対してどう反応して欲しいか):わかりました

Language(言語):Japanese(日本語)

※1キーワードによっては、うまく動作しないので、登録したあとで試してください。

※2"What's another way to say it?"や"And another way?"にもキーワードを入力することで、複数のパターンにも対応可能です。テレビは、電源のON/OFFが同じ信号なので、"What's another way to say it?"で"テレビを消して"と登録することで1つのアプレットでON/OFFの操作ができるようになります。

IMG_0937.PNG

"テレビをスタート"をActionとして登録する

9. "that"を押します。

IMG_0792.PNG

10. Search servicesで"Nature Remo"と入力の上、Nature Remoを選択します。

IMG_0793.PNG

11. "Control home appliances"を選択します。

※エアコンの制御をしたい場合は、ここで"Turn on air conditioner"か"Turn off air conditioner"を選んでください。

IMG_0795.PNG

12. 制御したい家電のボタンを選びます。ここでは、"TV"という家電の"On"というボタンを選びます。

IMG_0798.PNG

設定を確認する

13. 内容を確認後、問題なければ"Finish"を押します。

IMG_0806.PNG

14. 登録が完了した場合、以下のような画面が出ます。これでGoogle Homeに"ねー、Google。テレビをつけて"と話かければ、テレビがつくようになります!!

IMG_0800.PNG

Nature Remoのお求めはこちら

 

 

 

Amazon EchoからIFTTTを使って日本語で家電を操作

このチュートリアルでは、Nature Remoを使ってAmazon Echoから日本語で家電を操作する方法を解説します。ここでは、"テレビをつける"というキーワードでAmazon Echoからテレビをつける方法を解説します(照明やエアコンについても同様の手順で設定可能)。

IFTTTを初めてお使いの方は、まずはIFTTTの初期設定をお済ませください。

http://nature.global/jp/ifttt-setup/preparation

新しいAppletを作成する

1. IFTTTアプリ内で、My Appletsの画面に行き、右上の「+」を押します。

IMG_0926.PNG

"Amazon Alexa"をTrigger(きっかけ)として登録する

2. "this"を押します。

IMG_0784.PNG

3. Search servicesで"Amazon Alexa"と入力の上、Amazon Alexaを選択します。

IMG_0787.PNG

4. "Say a specific phrase"を選択します。

IMG_0927.PNG

<5~6は初めてAmazon AlexaをIFTTTに連携する時のみ>

5. Connectを押します。

IMG_0928.PNG

6. Amazon Alexaの登録に使ったアカウントを選択します。

IMG_0929.PNG

7. Amazon Alexaとの対話の方法を決めます。以下の通り、入力します。

What phrase?(どんなフレーズを設定したいか):テレビをつける※

※キーワードによっては、うまく動作しないので、登録したあとで試してください。また現在は7文字までとなっているようです。

IMG_0930.PNG

"テレビをつける"をActionとして登録する

8. "that"を押します。

IMG_0931.PNG

9. Search servicesで"Nature Remo"と入力の上、Nature Remoを選択します。

IMG_0793.PNG

10. "Control home appliances"を選択します。

※エアコンの制御をしたい場合は、ここで"Turn on air conditioner"か"Turn off air conditioner"を選んでください。

IMG_0795.PNG

11. 制御したい家電のボタンを選びます。ここでは、"TV"という家電の"On"というボタンを選びます。

IMG_0798.PNG

設定を確認する

12. 内容を確認後、問題なければ"Finish"を押します。

IMG_0933.PNG

14. 登録が完了した場合、以下のような画面が出ます。これでAmazon Echoに"Alexa、「テレビをつける」をトリガー"と話かければ、テレビがつくようになります!!

IMG_0936.PNG

Nature Remoのお求めはこちら

 

 

 

IFTTTでRemoのシーンを活用する

Remoのアプリで設定したシーン(複数の動作を一括で行える機能)は、IFTTTでも設定、実行が可能です。

事前に、IFTTTの初期設定と、IFTTTで動作させたいシーンを作成して下さい。

参考:シーンの設定方法が分からない

(Androidでのシーンは、2018年7月中旬に予定しておりますアップデート後にご利用いただけます)

 

1. IFTTTアプリの「My Applets」より、右上の「+」をタップします。

IMG_0309.PNG

2. IFTTTの「this」にお好みのトリガーを選択して下さい。

Google Homeからの操作Amazon Echoからの操作ウィジェットからの操作など、thisにあるサービスのどれをお使いいただいても構いません。

IMG_0310.PNG

3. 「this」の作成後、「that」をタップし、検索窓から「Nature Remo」を検索します。

IMG_0336.PNG
IMG_0337.PNG

4. 「Execute scene」をタップします。

IMG_0317.PNG

5. 「Which button?」からRemoアプリで作成したシーンが選択できますので、動作させたいシーンを選択し、「Create action」をタップします。

IMG_0338.PNG

6. お好みでアプレット名を変更し、「Finish」をタップすれば作成完了です!

IMG_0339.PNG

IFTTTのウィジェットを使ってRemoを操作する

ここでは、IFTTTアプリのウィジェットからRemoを操作できるアプレットの作成方法と、スマートフォンにウィジェットを表示させる方法を案内します。

事前に、IFTTTの初期設定をお済ませ下さい。

 

ここでは、ウィジェットから冷房を26度で運転させる方法をご案内します。

まず、ボタンを押すと冷房を26度で運転させるアプレットを作成します。

1. 「My Applets」の右上の「+」をタップする。

IMG_0309.PNG

2. 「this」をタップする。

IMG_0310.PNG

3. 検索窓に「Button」と入力し、検索された「Button widget」をタップする。

IMG_0311.PNG

4. 「Button press」をタップする。

IMG_0312.PNG

5. 「that」をタップし、検索窓から「Nature Remo」を検索します。

IMG_0313.PNG
IMG_0337.PNG

6. 「Turn on air conditioner」をタップする。

IMG_0314.PNG

7. エアコンの設定と風量を選択し、「Create action」をタップします。

IMG_0315.PNG
IMG_0316.PNG

8. お好みに応じて「Edit title」からタイトルを変更し、「Finish」をタップします。

IMG_0318.PNG
IMG_0319.PNG

9. アプレットが作成出来たら左下にある「Go」をタップします。

IMG_0321.PNG

10. IFTTTのウィジェット編集画面に移動するので、右上の鉛筆マークから並び替えが出来ます。

並び替えが終わりましたら左上の「×」をタップします。

IMG_0322.PNG
IMG_0323.PNG

これでIFTTTでのアプレット作成は完了です。

お好みに応じて、ウィジェットで使いたいアプレットを作成して下さい。

 

次に、ウィジェットをスマートフォンに表示させます。

iOSをお使いの場合は11.へ、Androidをお使いの場合は15.へ移動して下さい。

11. IFTTTのウィジェットを追加するため、ロック画面を左から右へスワイプします。

IMG_0332.PNG

12. 「編集」をタップします。

IMG_0326.PNG

13. IFTTTの「+」をタップし、完了をタップします。

IMG_0334.PNG
IMG_0335.PNG

14. ウィジェットが表示されましたら設定完了です。作成したボタンをタップして、家電が操作できるかをご確認下さい。

IMG_0330.PNG
IMG_0331.PNG

 

Androidの場合(Androidのバージョンやメーカーによって表示や設定方法が異なる場合があります)

15. ホーム画面の余白をタップし続けると、ホーム画面の編集画面になるので、「ウィジェット」をタップします。

Screenshot_20180706-180113.png

16. ウィジェット一覧からIFTTTのウィジェットを探します。

Screenshot_20180706-180128.png

17. IFTTTのウィジェットをお好みで配置します。

Screenshot_20180706-180314.png

18. ホームボタンを押すと設定完了です。作成されたボタンをタップして、家電が操作できるかをご確認下さい。