Nature Remoユーザーのおしゃれなおうち

皆さんはNature Remoをどのように設置していますか? 

Nature Remoといえば白を基調としたシンプルなデザインです。

Instagramで紹介されているNature Remoユーザーの方のように、インテリアに気を配っているお部屋に設置しても違和感無く、素敵な空間を演出できます。

しかし、壁に穴を開けたりテープを貼り付けたりしたくない、Nature Remoの赤外線が家電まで届くか不安、ケーブルをうまく隠したい、などNature Remoのベストな設置場所や方法に頭を悩ませた方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はInstagramで見かけたNature Remoのおしゃれで画期的な設置方法をご紹介いたします。是非参考にしてみてください!

Nature Remoの赤外線を最大限に届かせるためや、人感センサーを利用したい場合はやっぱり壁に取り付けた方が良いと思います。こちらの方は、机と壁の間に小さな隙間を作ることで、ケーブルがあまり気にならない様に設置できています。また、Nature Remoが、白を基調としたインテリアにフィットしていて、とてもおしゃれですね。

しかし、賃貸などの理由でNature Remoを壁に取り付けるのは避けたいという方も多いと思います。

こういった悩みを持っている方は以下のような設置方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

こちらの方はリモコンホルダーのユニークな形を利用して、写真のように上手にバランスをとって設置しています。こうすればコードも隠れてスッキリして見えますね。さらにGoogle Home Miniも同じように設置してスタイリッシュにまとめています。

また、このようなリモコンホルダーがなくても、隣にあるスマートフォン立てを上手く利用することでNature Remoを立てかけて置くこともできそうですね。

 

この方はなんと、専用のNature Remoホルダーを自作してしまいました。これでお好みの場所におしゃれに設置できるだけでなく、立てておくことで赤外線がきちんと部屋中の家電に届くようにできます。

 

こちらの方は自前の木の板にNature Remoを貼り付けて設置しています。同じ要領でブックスタンドなどに貼り付けて、お好みの場所に置くことも出来そうですね。

 

他にも、Nature Remoを机の上などに平らに置く方法があります。Nature Remoの赤外線はデバイスの天面から送信されるため、平置きする際はNature Remoと操作したい家電の位置関係を考える必要があるのでご注意ください。また人感センサーのルールをご利用の場合は、センサーにうまく反応しないこともあります。

こちらの方は壁際のエンドテーブルの上におしゃれな置物であるかのように設置しています。Amazon Echo Spotや観葉植物と共に、お部屋の一角をおしゃれなIoTコーナーとして綺麗にまとめています。

例えば寝室のベットの横のエンドテーブルにこのように設置して、エアコンや照明を操作する様子が思い浮かびますね。

今回は、Nature Remoユーザーの方のおしゃれなNature Remoの設置方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。ぜひ、ご自身の好みやお部屋の状況に合わせておしゃれにNature Remoを飾ってみてください!

Henry Takahashi