今話題のリモコンニッチとは?

皆さんは今話題になっているリモコンニッチという言葉をご存知ですか?

リモコンニッチとは、一条工務店の記事で有名なブロガーのさすけ氏が家を建てる際に提案したことで始まりました。そのため、さすけ氏の「さ」をとって「リモコンニッチsa」が正式名称であり、そこから正式に一条工務店のオプションとしてサービスの提供が始まりました。

リモコンニッチとは家電の操作盤を設置する壁のくぼみ部分のことを指します。

ニッチという言葉は、一般的にはマニアックと近い意味の言葉として使われます。そのため、リモコンニッチと聞くとマニアックなリモコンを探し求める風変わりな集団をイメージする方も少なくないかと思います。

しかし、建築用語においてニッチとは小物などを置くために壁の一部をへこませた部分のことを指します。そのためリモコンニッチとはテレビ・エアコン ・照明などの家電のリモコンや、お風呂・床暖房の操作盤、インターフォンなどを設置するための壁のくぼみのことを指します。

これはリモコンニッチではありませんが、小物の置いてある壁の窪みとはこんな感じです。

これはリモコンニッチではありませんが、小物の置いてある壁の窪みとはこんな感じです。

リモコンニッチの施工場所

リモコンニッチの説明を聞いて、自分の家につけたいと思った方も少なくないかと思います。その際に重要になるのはリモコンニッチのとる場所の問題です。壁につけられるんだから、どこにでも付けられるじゃん!と思ったら大間違いです。

まず、窪みを作らなければならないということはそれだけ壁に厚みが必要だということです。さらに、家の中心部分、導線の確保できる場所に作る必要があります。この条件をクリアする場所は意外とありません。

そのため確実に作りたいのであれば、家を作る段階からリモコンニッチを作る場所を考える必要があります。

・おしゃれなリモコンニッチ

リモコンニッチは機能性はもちろん、デザイン面においても優れています。

ニッチに置くのは家電のリモコンはもちろん、マガジンラックを設置したり、観葉植物や携帯の充電ステーション、固定電話などをおいたりすることもできます。

家電の操作パネルや壁紙は白を基調としたものが多いため、清潔感のあるシンプルなデザインのインテリアとしても楽しめます。

・ニッチにはまるスマートリモコンNature Remo

リモコンニッチは窪みであるため、そのことを生かせるものは壁に張りつける形のガジェットであると思います。壁から飛び出たインターフォンにぶつかって、通話ボタンを押してしまった経験はありませんか?よって操作パネルなどはリモコンニッチとの相性はいいと思います。

これと同じように、壁に貼り付けて使用することを推奨しているNature Remoとの相性は非常にいいでしょう。

しかし赤外線が届かない場合があるので、しっかり届く事を確認してからご使用いただくのが確実かと思われます。

リモコンニッチは先ほども述べたように白を基調とした、こぎれいなデザインが特徴的です。Nature Remoもデザインとして白く小さく、しかも操作した時に光るので見た目としては非常にシンプルで、リモコンニッチの雰囲気を壊すことはありません。

無機質で可愛げがないと感じる方は観葉植物や小物を置く事でおしゃれ空間を演出することもでき、好みによって自由に変えることもできます。

こぎれいな壁のくぼみであるリモコンニッチは、家電の操作パネルの設置場所として機能的にもデザイン的にも非常に有用であり、同じくシンプルで機能性を備えたNature Remoとの相性は抜群であると言えるのではないでしょうか。

Kitamura Takashi