子ども想いのNature Remoで子育ての負担を軽減する方法をご紹介!【乳幼児編】

共働きの家庭が増え時短ニーズが年々高まる中で、ロボット掃除機・IoT洗濯機・IoT冷蔵庫といったIoT家電が時短実現ツールとして注目を集めるようになっています。ただし、このようなIoTが搭載された家電を全て揃えるとなると莫大な費用がかかってしまいます。そこで、Nature Remoのように既存の普通の家電をIoT化させることができるスマートリモコンが特に注目を集めています。

今回は、そのように注目を集めるスマートリモコンやスマートスピーカーに絞って、「小さな赤ちゃんのいる家庭」「時短により家事の負担を減らしたい家庭」においてどのように活用することができるのか4つの具体例を挙げてご紹介していこうと思います。

赤ちゃん.jpg

赤ちゃんを育てていると授乳をする際や、赤ちゃんを抱っこしてあやす時のように、赤ちゃんの世話で両手がふさがることは多いかと思います。

Nature RemoとGoogle Homeのようなスマートスピーカーがあれば、手がふさがっている時であっても付けっ放しのテレビや照明を消したり、テレビの番組を変えたりと自由に家電を操作することができます。

抱っこの写真.jpg

ケース2:「赤ちゃんを寝かしつけている時に、静かに家電を操作したい。」

確かにスマートスピーカーがあれば、手がふさがっていても声で家電を操作できて便利ですが、赤ちゃんを寝かしつける時には声を出して操作してしまうと赤ちゃんを起こしてしまいかねません。スマートスピーカーの応答の音もあるのが難点です。

この場合のように静かに家電を操作したいときは、Nature Remoアプリ上での家電操作が活躍します。寝かしつける間の時間でリビングにて付けっ放しのテレビや照明を、お手持ちのスマートフォンから簡単にOFFにすることができます。

寝ている子供.jpg

●時短により大変な家事を少しでも楽にしたい家庭

ケース3:「朝起きてからの家電の操作を全て自動で行いたい。」

朝起きてから、各照明をつけたりテレビをつけたりエアコンをつけたり、といった一連の家電の操作をおはようの一言で一気に実行することができます。例えばGoogle Homeのルーティン機能を活用することで、「OKグーグル、おはよう」というだけで複数の家電を一斉にONにすることができます。少しでも時短をして忙しい朝の時間をよりゆっくりと過ごしましょう。

●まとめ

今回は、乳幼児の子育てをしている家庭における様々な事例を取り上げて、Nature RemoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーの活用方法を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

もちろん今回紹介した方法以外にも、Nature Remoの活用方法はたくさんあると思うので色々と試してみてください。