Amazon Echoフレーズ特集 その1【エアコン編】

Amazon EchoもNature Remoもせっかく購入したのに、まだ上手く使いこなせていないという方はいらっしゃいませんか?

前回までのフレーズ特集ではNature RemoとGoogle Homeの音声コマンドを連携した操作についてご紹介致しましたが、今回はAmazon Echoを使った操作についてご説明していこうと思います。今回はエアコン編です。

(Google Homeフレーズ特集【エアコン編】が気になる方はこちらからどうぞ!)

Nature RemoとAmazon Echoの連携方法について

Amazon EchoとNature Remo

Google HomeはConversation ActionsとDirect Actionsという2つの連携方法があったのに対して、Amazon Echoでは現在全てスマートホームスキルで可能になっています。

”Nature Remo Smart Home Skill”(スマートホームスキル)をAlexaアプリで導入していただくと、「アレクサ、〇〇して」と言うだけでNature RemoがAmazon Echoと連携して家電を操作することができます。他にも”Nature Remo”というスキルがございますが、こちらは発話の長いカスタムスキルになっており、また、カスタムスキルでできることは現状すべてスマートホームスキルでカバーされておりますので”Nature Remo Smart Home Skill”をお使いください。

Amazon EchoとRemoのくわしい連携方法についてはこちらをご覧ください。

Amazon Echoで使えるフレーズ

エアコンは電源ON/OFF、運転モード、設定温度の変更が可能です。また、室温や現在のエアコンの設定温度を聞くことも可能です。

以下はその具体例として、実際にご利用できるフレーズを紹介します。

  • 「アレクサ、〇〇(エアコンにつけた名前)をつけて(消して)」

  • 「アレクサ、〇〇(エアコンにつけた名前)を暖房(または冷房、除湿、自動、送風のいずれか)にして」

  • 「アレクサ、〇〇(エアコンにつけた名前)を〇度にして」

  • 「アレクサ、〇〇(エアコンにつけた名前)の温度を上げて(下げて)」

  • 「アレクサ、〇〇(エアコンにつけた名前)の設定温度を教えて」

  • 「アレクサ、部屋の温度を教えて」

※運転モード操作時、除湿と送風の操作時に「現在カスタムモードです」と返答されますが正常な返答になります。

使ってみよう!

今回はAmazon EchoとNature Remoを連携させたエアコンの操作を紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

スマートスピーカーのフレーズ特集はまだ続く予定ですので、次回のフレーズ特集も楽しみにしていてくださいね。

スマスピ二つ.jpg