電力会社を変えても停電は起きない?切り替え工事は不要?電力小売自由化の疑問を解説!

2016年4月電力小売全面自由化が始まり、電気を自由に選んで契約ができるようになりました。本記事では電力小売自由化について解説し、電気の選び方のポイントや切り替えにおける疑問にお答えします。

電力の小売全面自由化とは?

以前は、東京電力や関西電力などお住まいの地域の電力会社からしか電気を買うことができませんでしたが、2016年4月電力小売全面自由化により、全ての消費者が電力会社やプランを自由に選択できるようになりました。
その際、様々な会社が電力小売事業に参入し、いわゆる新電力として、各社の特色を生かした料金プランやサービスの提供を始めました。

例えば、ガスや携帯電話などのインフラサービスとのセット販売プランや、お住まいの地域で発電された電力を購入することができる電気の地産地消プラン。
また、太陽光発電・風力発電などの再生可能エネルギーで発電した電気を中心に販売する再エネプランや、Natureスマート電気が採用している、電力の需給によって電気代が変動する市場連動型プランなど、消費者は様々な電力会社・プランの中からご自身のライフスタイルにあった選択が可能になりました。

市場連動プランの詳細については下記をご覧ください。

どうやって選べばいいの?

消費者にとって選択肢は広がりましたが、膨大なプランの中からどうやって自分にあった電力会社を選べばいいのでしょうか。

まず、ポイントになるのは切り替えで電気代が節約できるかどうかでしょう。分かりやすい例としては、通信会社などが提供しているセット販売プランで、携帯電話やインターネットと一緒に加入することで毎月〇〇円引などの割引が受けられるプランですが、割引適用のために加入が必要なオプションがあったり、最低利用期間が設けられていて、解約時に契約解除料が発生する場合もあるので必ず確認するようにしましょう。

また、電気を選ぶポイントは電気代の節約額だけではありません。一緒に使える付帯サービスを確認したり、毎日使う電気だからこそ、環境に配慮しているかどうかにポイントを置いて電気を選んでみてもいいかもしれません。

Natureスマート電気は明日の電気料金(市場価格に連動)や、時間毎の電気の使用量をマイページで確認することができるため、ご自身の電気の使い方を見直して節電すると、お財布にも環境にも優しい電気の使い方ができますよ。

電力自由化の疑問あれこれ

新電力に切り替えて停電などのトラブルが起きないの?

電力会社が変わっても、電気そのものの品質や、お客さまのもとへ電気が送られる仕組みは変わらないので、〇〇という電力会社だから停電が起きやすい!なんてことはありません。
また、万が一契約した電力会社が十分な電気を調達することができなかった場合にも、東京電力や関西電力など送電網を管理する会社が代わりに電気を供給する仕組みが導入されているため、突然電気が止まってしまうことはありません。

マンションなどの集合住宅でも切り替えできるの?

マンションなどの集合住宅にお住まいの方も、基本的には電気を切り替えることができます。ただし、マンションで電気を一括契約をしている場合には、個別に電力会社を切り替えることはできません。気になる方はお住まいの管理組合やマンションの管理会社に確認してみましょう。

解約や切り替え手続き面倒?

電力会社の切り替えは、新しい電力会社に申し込みをするだけ完了します。
現在契約している電力会社の解約手続きは、切り替え先の電力会社が行うため、お客さまから契約中の電力会社への解約の手続きは必要はありません。

切り替えにあたって用意する物は、現在契約中の電力会社から届く検針票(電気ご使用量のお知らせ)だけ。
インターネットで簡単にお申し込みができます。

切り替えには工事が必要?

切り替えのための工事は基本的に必要ありません。
ただし、スマートメーターが設置されていないお客さまは、スマートメーターへの取り替え作業が発生します。こちらもお客さま側でお手続きいただくことはなく、原則として交換費用はかかりません。

いかがでしたか?

Natureスマート電気はwebで簡単にお申し込みが完了し、解約料金は一切かからないため、お気軽にお試しいただけます!
Natureスマート電気への切り替えについてもっと詳しく知りたい、直接相談したいという方は、こちらをご覧ください。