電気の市場連動型プランって何?メリットやリスクは?

Natureは3月1日より電力小売サービス 、Natureスマート電気をスタートしました。Natureスマート電気は、電力の需要供給に応じて電気代が変動する「市場連動型プラン」を採用しています。

この記事では、市場連動型プランがどんなものなのか。メリットや注意点を解説したうえで、改めてNatureスマート電気の特徴をご紹介します。

電気の市場連動型プランとは

市場連動型プランは、2016年4月電力小売全面自由化により、全ての消費者が電力会社やプランを自由に選択できるようになった際に登場した新しい電気料金プランのひとつです。

市場連動型プランは、小売事業者が電気の取引ができる日本卸電力取引所(以下、JEPX)を通して取引した電気を、取引価格に応じた金額でお客さまに販売する仕組みです。

JEPXで取引される価格は毎日30分ごとに変動していて、基本的には電気の需給によって取引価格が決まります。ですので、時間別の取引価格に沿って、消費電力量が大きい家電を上手に使うことで、電気代を節約することができるのです

しかし、取引価格は気候や燃料価格によっても左右されます。
今年の初めに、「電気が足りない」、「電気代が高騰している」など、市場連動型プランの電気料金が高騰しているというニュースを目にした方も多いのではないでしょうか。実際に市場連動型プランの契約者の中には、電気代が通常の数倍にも膨れ上がるケースもみられました。

市場連動プランはリスクが大きい?

では、市場連動型プランはリスクが大きい?と思うかも知れませんが、これは、年末から続く厳しい寒さや燃料不足など、様々な要因が重なって起きてしまったことで、極めてまれな事象と言えます。
今回の市場高騰について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

JEPXが高騰する以前の平常時では、昼間の電気料金が0.01円(1kWhあたり)と、非常に安い値をつける地域もあるなど、仕組みを理解したうえで賢く使えば電気代を抑えることができるプランなのです。

一方で、今回のように気候や燃料不足など様々な要因が重なってしまうと打撃を受けてしまうのも事実です。市場連動型プランを契約する際には、上限金額が設定されているかなど、きちんと契約内容を確認することが大切です。

Natureスマート電気は、上限価格がある!

Natureスマート電気は、市場連動型のプランを採用していますが、お客さま保護の観点から急激に電力の価格が高騰した場合にも、お客さまのリスクが限定的になるように電力購入料の上限価格を100円に設定しています。

つまり、今回のような市場価格の高騰があった場合にも、無限に電気代が高くなってしまうことはなく、電力購入料が100円を超えてしまった場合には差額分をNatureが負担します。

また、前述で安い時間を意識して使うことで電気代を抑えることができると説明しましたが、Natureスマート電気はマイページから翌日の電力量料金単価(1kWhあたり)を確認することができるので、電気代が高い時間には家電の利用を控え、電気代が安い時間に消費電力の大きい家電を使うことで、電気代を節約することができます。
マイページではその日の電気の使い方をスコアで確認することができるので、楽しく節電に取り組むことができます。

さらに、2021年5月にはスマートリモコン、Nature Remoと連携して、あらかじめ設定しておいた電力量料金単価に応じて家電が勝手に動いて節電してくれるようになります。例えば、電気代が高くなる時間にエアコンが反応し、自動で設定温度や風量の調節を行ってくれます。
お客さまは快適さを損なうことなく、賢く電気代を節約することができるでしょう。

今ならお試しキャンペーン実施中!

いかがでしたでしょうか?

「上限金額があっても不安」、「使ってみたいけど、うまく時間帯を意識して使いこなせるのか分からない」、「Nature Remoを持っていない」こんなお悩みをお持ちの皆さまにおすすめの、Natureスマート電気サービス開始記念お試しキャンペーン!を実施中です!

ぜひこの機会にお試しください!