RemoのIPアドレスを確認したい

MacのTerminalから"dns-sd -B _remo._tcp"のコマンドを入力し、お使いのRemoのInstance Nameを確認します。

% dns-sd -B _remo._tcp

Browsing for _remo._tcp

DATE: ---Mon 24 Apr 2017---

15:11:14.507  ...STARTING...

Timestamp     A/R    Flags  if Domain               Service Type         Instance Name

15:11:15.862  Add        2   4 local.               _remo._tcp.          Remo-XXXXXX

お使いのRemoのInstance Nameに置き換えて"dns-sd -G v4 Remo-XXXXXX.local"のコマンドを実行します。Addressに記載のあるものがRemoに振られているIPアドレスになります。

% dns-sd -G v4 Remo-XXXXXX.local

DATE: ---Mon 24 Apr 2017---

15:11:30.864  ...STARTING...

Timestamp     A/R Flags if Hostname                               Address                                      TTL

15:11:30.864  Add     2  4 Remo-XXXXXX.local.                     192.168.2.102                                120

 

温度を校正したい

部屋の実際の温度と、Nature Remo上に表示されている温度が異なる場合、Nature Remo上に表示される温度を校正し、適切な値に修正することが可能です。

設定画面で、温度調整を行うRemoを選択して下さい。

温度調整を押します。

表示温度の調整を行います。+2.0の場合、Nature Remo上の温度を、部屋の実際の温度より2度高く表示します。設定後、完了ボタンを押します。

こちらで設定完了です。